リビング・リフォームで”お洒落スタイル!

07/10

STAFF BLOG

   リビングは家族が集まり長く過ごす場所。来客がある時にも、こちらに通されることが多いのでは

   ないでしょうか。家の中心であり、パブリックスペースともいえるこのスペースは、常にお洒落に

   したいものです。模様替えしたい方も、アイデアを集めたいと思われている方も、ぜひ参考にして

   みてください。

 

1ONE

  お洒落なリビングにも色々なスタイルがあり、好みのデザインがあります。写真のように建物の構造

  を剥き出しにしてワンルーム風にアレンジされています。コンクリートの淡いグレーや白が構成する

  空間には、グレーのソファセットがしっくり馴染みます。それだけでは、クールになり過ぎるところ

  ですが、部分的に無垢材の家具を取り入れ、部屋のあちこちに大小さまざまの植物が配置されること

  で、グッと温かみが増しますね。

 

2TWO

  白いシンプルなお部屋を持つ家では、カスタマイズする家具の美しさが際立ちます。こちらのリビング

  は天井が高くて広々。白木で構成するロフトがおしゃれです。お部屋の中心には床にラグが敷かれ、座

  布団が。窓際には外に向かって座れるようなアレンジがなされています。ミニマルな空間を飾るのは、

  あちこちに取り入れられたポップな色合いのテキスタイル。ラグの赤、座布団の黄色、奥の間の青や黄

  色の敷物がとてもキュートに映えます。

 

3THREE

   モノトーンのインテリアというと、どこか冷たさを感じてしまうかも知れませんが、配色によっては

   優しくもスタイリッシュな印象に作り上げることができます。こちらのお宅のリビングは、吹抜け空

   間に黒いメタルの階段や欄干が組み合わされていますが、床や柱などに色合いの異なる木材が取り入

   れられており、柔らかさが感じられます。応接セットは淡いグレーと黒の取り合わせながらも、ウッ

   ディテイストが優しく中和してくれているようで、とてもくつろげそうですね。

 

4FOUR

   家を新築する場合、施主の希望は勿論ですが、立地条件を加味して設計されることが多いと思います。

   こちらのような見晴らしの良い場所に建つ家ならば、これを楽しめなければ、この場所に建てる意味

   はないと言っても過言ではなさそうです。広々としたLDKスペースから、フラットにつながる大きな

   テラスは窓を開け放つことで、第二のリビングと言って良い程の空間に。日常的に自然を楽しむ空間

   として使うだけでなく、大勢を招いてのパーティーでも大活躍しそうですね。

 

5FIVE

   最近よく耳にすることがあるリノベーション物件。昔ながらの丈夫な建物を、補強したりレイアウトを

   変えたりすることでより過ごしやすい住まいを実現でるのが大きな魅力です。こちらは築45年の住宅

   に手を加えたもの。広々と開けられた窓には木製のブラインド。天井構造はむき出しで白く塗られてい

   ますが、支えとなる梁は素材そのものの色合いを残しており、不思議なアクセントに。リビングに配置

   されたソファや家具は、特に目を引くような目立ったデザインというわけではないですが、さりげなく

   格好よく感じられます。

 

6SIX

   住宅事情が変化し、どのご家庭でもソファが置かれるようになっても、肌触りの良いフローリングや

   ラグが敷かれていると、ペタリと座り込んでしまいたくなるのは、日本人特有の感性なのでしょうか。

   こちらのお宅では、椅子やベンチなど、様々にくつろげる空間が部屋のあちこちに点在しています。

   エキゾチックなラグや絨毯が、まるで異国のリゾートにいるかの様な感覚にしてくれます。心地良く

   時間が経つのすら忘れてしまいそうなお洒落な空間ですね。

 

Exif_JPEG_PICTURE

                                                                               リルシア”でお洒落スタイルを・・・!

END

リフォーム・塗装のことなら「RIRSIAリルシア」にお任せ下さい。

0120-20-8901

メールでお問い合わせ

株式会社 RIRSIA

〒663-8215 兵庫県西宮市今津水波町6-11  TEL:0798-22-8901 FAX:0798-20-1184