クリーン・キープの整頓◎習慣!!

12/30

STAFF BLOG

   今回は常に整頓されたキレイな部屋を維持する7つの習慣をご紹介します。小さな整理整頓を

   習慣にすると掃除をしなければならない!という心の負担がグッと軽くなります。習慣にして

   しまえば、もうストレスが溜まる特別な作業ではありません。

 

1ONE

    使ったものを元の場所へ戻す…。当たり前のことですが、いつの間にか部屋が散らかっていると

    いう方はこれができていないことが多いのです。帰宅したら上着はハンガーへ、鍵は鍵入れに、

    本を読み終わったら本棚へ、飲み終わったマグカップは洗って収納棚へと。意識して行うと部屋

    が散らかることが少なくなります。今、使わないモノが外へ出ていることに違和感を覚えるよう

    になれば、あなたはもう整理整頓が習慣になった証ですね。

 

2TWO

    ダイニングやリビングルームのテーブルが汚れているのを発見したときに、その汚れを放置すると

    翌日にはシミになっているかも知れません。そうなってしまってからでは、落とすのに時間がかか

    り、結局掃除の時間が増えてしまうのです。今できることを面倒がらずに、気付いたら即行動!を

    慣習にしましょう。

 

THREE3

    バスルームは掃除をサボると水垢や黒カビが発生し、見た目も気持ち悪いうえ落とすのに時間が

    かかります。毎日、使用後にさっと掃除を済ませることを習慣にしましょう。使用後は、お湯や

    蒸気で汚れが浮き上がっているため、掃除が簡単です。最後に水切りをして窓を開けておけば、

    カビの発生を抑える効果も。

 

4FOUR

    部屋の整理整頓に加えて、換気にも気を付けましょう。特に冬場の寒い季節は暖房をつけて部屋を

    閉め切ってしまう人も多いかと思いますが、それでは室内の空気はどんどん乾燥していき、風邪や

    インフルエンザなどのウィルスが広がりやすくなります。定期的に換気を行い、新鮮な空気を取り

    入れましょう。頭もスッキリ、気分もリフレッシュできますよ!

 

5FIVE

    汚れた食器がシンクに山積みになっていると気が滅入るうえ、悪臭の原因にもなるので使った食器

    はスグに洗うことを習慣にしましょう。調理に使用したツールやボウルなどは食事後まで待たずに

    料理を煮込んでいる間など、ちょっとした空き時間にその都度、洗ってしまいましょう。

 

6SIX

    洗濯物はベッドやソファに放置せず、脱衣時に最初から洗濯カゴへ入れましょう。カゴを二つ用意

    して予め白物と色物に仕分けておくと、洗濯機に入れる時にいちいち確認する手間が、省けるので

    便利です。カゴは籐のバスケットやキャンバス地のものがオススメ。生活感を抑えて、オシャレな

    バスルームインテリアの雰囲気を壊しません!

 

7SEVEN

            常に清潔で美しい室内空間を目標に、家族全員で頑張りましょう!

 

ENT

 

                              リルシア”と共にキープ・クリーンを実現!

END

リフォーム・塗装のことなら「RIRSIAリルシア」にお任せ下さい。

0120-20-8901

メールでお問い合わせ

株式会社 RIRSIA

〒663-8215 兵庫県西宮市今津水波町6-11  TEL:0798-22-8901 FAX:0798-20-1184