キッチン”「I 型」の魅力”

01/20

STAFF BLOG

  キッチンのレイアウトには様々なタイプがあります。日本で一番よく見受けられるのは

  I型キッチンという、省スペースでコンパクトなデザインのタイプ。馴染みのあるこの手

  の魅力はどこにあるのでしょうか?今回はそんなI型キッチンのメリットをご紹介してい

  きます。

 

%e2%91%a0one

  I型キッチンは、調理台・コンロ・シンクが横一列に並んだシンプルなキッチンデザインを

  指します。日本で一番よく見られるタイプで、材料の下処理や調理、配膳などを平行移動

  の動線で済ませることのできるレイアウトです。比較的にコンパクトにデザイン、配置が

  できることから、I型キッチンは日本の住宅事情における限られたスペースにピッタリ!

 

%e2%91%a1two

  横一列に並んだI型キッチンは、そのシンプルさが一番の魅力です。リノベーションで壁紙

  を剥がしたテクスチャーや、合板の素朴さを小粋に魅せたシンプルモダンなマンションに

  ある、こちらのキッチン。機能性や素材感にこだわり、天板調理スペースの広さやシンク

  の深さ、特に材質に注目することで、シンプルで素朴感がオシャレに活きる、使い勝手の

  良いキッチンが生まれます。

 

%e2%91%a2three

  これは住宅事情でどうしても広いキッチンスペースを、確保できない場合などに非常に

  有効なレイアウトです。横の長さをある程度調節できるので、計画段階におけるプラン

  変更が容易で、どのような間取りのキッチンスペースにもしっくりと馴染みますね。

  ただし、キッチンがダイニングと面している場合は、調理場が丸見えとなるので、細か

  な用具の整頓やシンクのこまめな、お手入れが大切となります。

 

%e2%91%a3four

  調理台・コンロ・シンクが横並びのI型キッチンの動線は、平行移動だけで済むので料理

  時間中の動線効率はかなり良いと言えるでしょう。冷蔵庫からシンク、調理台、コンロ

  という順番にレイアウトされることで効率アップ。動線が長くなり過ぎてしまう場合に

  は不向きなため、比較的に小スペースでのレイアウトに適しているのです。

 

%e2%91%a4five

  調理場が丸見えとなるのを防ぎたい場合は、I型キッチンを対面式に配置し、ダイニング

  との間にカウンターを取り付けることでシンクや調理台を隠すことができます。また、

  料理をしながら家族の様子がわかるので、キッチンダイニングには、おススメのデザイン

  です。さらに後方に収納場所を確保できるのでとても便利です。

 

%e2%91%a5six

   コンパクトなキッチンのすぐ横にダイニングテーブルを配置することで、より動線が

   スムーズで作業効率がアップします。調理した料理をすぐに配膳が可能となり、食後

   の食器を下げるのにも楽に運びます。キッチンとダイニングをコンパクトにまとめて

   リビングルームを広くレイアウトしたい場合に有効です。

       素敵なキッチンスペースをリルシアで実現!!

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9-2

リフォーム・塗装のことなら「RIRSIAリルシア」にお任せ下さい。

0120-20-8901

メールでお問い合わせ

株式会社 RIRSIA

〒663-8215 兵庫県西宮市今津水波町6-11  TEL:0798-22-8901 FAX:0798-20-1184